« 旭山動物園はスゴイ!ついでに私の野望も… | トップページ | ランタンの果てしないジェラシー »

2011年6月28日 (火)

チビタンが復活しました!思わずランタンも遠吠えを…

先週はチビタンにとっては大変な一週間でした。

私たちも、いったいどうなることかと…

先週末、いつもどおりインシュリンの注射を打った数時間後、突然苦しみだして…

痙攣して、一時は呼吸もできない状態となりました。

しかし、その後、懸命の救命救急活動と獣医師との連携により…見事にチビタンが復活しました!happy01

Dsc00981 ←見事に復活したチビタン。良かった、良かった。

ちょっと事情を説明しますと…coldsweats01

チビタンは糖尿病の治療中なのですが、毎月血液検査をして獣医師と相談しながら、インシュリンの量を決めて、主人が毎朝注射を打っています。

先週のその日の朝も、いつもと同じように打ったのですが…

Dsc00946 ←チビタンの異変に、ショックを隠し切れないランタン

Dsc00942 ←チビタンへの激励の遠吠えをするランタン

その日のチビタンは血糖値が高くなかったようで、そこにいつもどおりのインシュリンを打ったことによって、低血糖状態になったのでした。

気道確保して、息を吹き込んで、マッサージして…、と必死でチビタンを呼び寄せました。

本当に危ないところでした…。

2分ほどすると、徐々に目が動きはじめ、口を動かし…

氷をペロペロ舐めて、水を飲みはじめ…

頭を起こして、パンを食べさせて、やがて缶詰を食べ始め…

ふらふらと起き上がりました!

そして、なんと!

歩きはじめました!

Dsc00976 ←ヨタヨタしながらも…また歩き始めた不死身のチビタン

Dsc00980 ←チビタン良かったね!とチュッheart04

本当に良かったです。うれしいです。

動物のすさまじい生命力を見た気がします。

生きたい、生きたいという声が聞こえてきそうなくらい…

あぁ、良かった。

Dsc00931 ←今度は、チビタンの復活を祝って、喜びの雄叫びをあげるランタン

ランタンも、チビタンの復活は本当にうれしいはずです。

お祝いにみんなで揃って散歩に行きました。

チビタンにとって、これ以上のご褒美はないはずですから…

あぁ、本当に良かった…(うれし涙crying

happy01

                         ーおしまいー

blogram投票ボタン


いつもありがとうございます!

|

« 旭山動物園はスゴイ!ついでに私の野望も… | トップページ | ランタンの果てしないジェラシー »

コメント

こんにちわ。はじめてコメントいたします。
我が家もサモを飼っていて最近こちらのブログを知りときどき読ませていただいてました(読み逃げしてました^^;ゴメンナサイ)
実は先代サモ(独身時代に実家で飼っていた)「もも」も糖尿病で毎日インスリン注射していました。
今回のチビタン君の記事、ひとごととは思えず、、、
そしてもしかしたら・・・実家の近くの河川敷で母がお会いしたのがチビタン・ランタンだったのでは!?
とも思い(違ってたらゴメンなさい)コメントした次第です

不死身のチビタン君、これからも頑張ってね!
いつかバッタリお会いできたら嬉しいです♪

投稿: 福小豆 | 2011年6月28日 (火) 13時03分

え~そんなことがあったんですねsweat01
それはみんな腰が抜けるほど、心配だったでしょうね・・・
でもチビタンも復活してくれて、本当良かった・・・
ランタンも分かるんでしょうね・・・
糖尿病だとやっぱりエサとか、それ用のえさとかですか?
もっともっと、チビタン、ランタンには長生きしてもらわないとnote
私、本当に癒されてるんだから~困ります~
それと旭川動物園に野望も叶えなきゃだしねnote
とにかく本当に良かったhappy01

投稿: oluoluのゆー | 2011年6月28日 (火) 13時16分

チビタン、大変なことになっていたのですね。
突然のこと、きちんと対応できて良かったです。
心配されたでしょうね。crying
元気になってランタンもほっとしたね。
体大事にしてね、チビタン!happy02

投稿: まま | 2011年6月28日 (火) 14時12分

ビックリしましたcrying

でも、良かった~sign03
ホント、良かったsign03
チビタン、頑張ったねup
ランタンの、様子に涙が出ましたsweat02

絆って、家族の力ってすごいですよねhappy01
復活の笑顔が見れて良かったですheart
散歩も行けて良かったねnote

ikutanさん、ほんとうにお疲れ様でしたsign03

投稿: く太 | 2011年6月28日 (火) 14時55分

はじめまして。福小豆さん。happy01
本当に世の中って狭いものですねー。まさにお母様と河川敷でお会いしているのが、チビタン・ランタンです。
「ももちゃん」のことも良く覚えていますよ。覚えているどころではないほどかも…happy01
何せ、私たち夫婦がサモエドを飼うきっかけとなったのが、「ももちゃん」なんですから。
主人がムツゴロウ王国を観ていて、サモエドという犬種がいることは知っていたのですが、実物は見たことが無かった頃、今の場所に家を建てて、河川敷側の窓から外をボーッと眺めていたら、サモエドらしき白い大きな犬が歩いているのが見えたんです。
で、すぐさま家を飛び出し、走って追いかけて、「この犬はサモエドというんですか」「どこに行けば売っているんですか」etcという会話をした記憶があります。今から12年少し前ですかね。
その飼い主こそ、福小豆さんのお母様で、傍に居た白いワンコちゃんが「ももちゃん」です。

その後もお母様には何度も河川敷でお会いしいて、ももちゃんが糖尿病や病皮病に罹ったことや、天国に旅立ってしまったこと、娘さんがサモエドを飼っていること(当時はもっと遠くにお住まいだったような…)、ランタンがももちゃんと同じ雌犬で、顔が似ているということで、特に懐かしむような表情で…

お住まいも知ってますよ。確かもM整骨院の近くだったのでは?うちから歩いて5分の所です。
本当に世の中って狭いものですね。
「ももちゃん」ですぐ分かりました。これも何かの縁ですので、今後ともよろしくお願いします。(*^。^*)
最近は見かけませんが、お母様はお元気ですか?お母様にもよろしくお伝えください。

それでは、どうも…happy01ありがとうございました。

投稿: ikutan→福小豆さんへ | 2011年6月28日 (火) 18時54分

oluoluのゆー さん。いつもお世話になっています。
このたびはご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。coldsweats01
今、こうしてoluoluのゆーさんをはじめ、ブログを読んでくださった方々に、本当に危なかったけど「良かった、良かった」という話が出来ていることが、何よりうれしいです。
糖尿病自体はすぐにどうこうということはありませんが、静かに体をむしばんでいく「サンレントキラー」ですので、毎日の注射は大変ですけれども続けてきました。
薬、インスリンの量も何か月間も採血して検査を重ねてベストの量だったはずです。ただ、チビタンの毎日の変化までは観察しきれていなかったということでしょうか。
言葉を話せないワンコだからこそ、毎日の体調の変化を見逃すわけにはいかない…ということですね。coldsweats01ただ、私たちは素人で、検査する機器も持っていないわけですから、完璧にというわけにもいきまん。
今後とも、マメに病院通いを続けて、検査結果と毎日の体調を見比べながら、チビタンの命を守っていくのが飼い主の務めだと思っています。
oluoluのゆーさんに癒しになっていると言っていただいて、私も励みになりますので、今後とも応援よろしくお願いします。(*^。^*)

PS:糖尿病と言っても、人間のように野菜ばっかりを食べさせるわけにもいかないので、11歳以上の高齢犬用の食事を与えています。ワンコの場合は食生活からというよりも、遺伝による要因の方がが大きいようですね。

投稿: ikutan→oluoluのゆーさん | 2011年6月28日 (火) 19時13分

ままさん。いつもお世話になっています。
温かいコメントありがとうございました。また、ご心配をお掛けして本当に申し訳なく思っています。coldsweats01
何とか、チビタンは無事に生還してくれましたので、これからはチビタンの第二の人生(犬生?)が始まるというようなつもりで、可愛がってまいります。
どうか、ままさんも、引き続きチビタン&ランタンを見守っていただけるとうれしいです。

突然のことで、本当に驚きましたが、主人が過去に二度受けた救命救急講習が役に立ったのかもしれません。まず、心肺停止の確認と気道確保。人工呼吸と心臓マッサージ。これらをすぐさま実行できたのは、少しでもそういう知識があったからでしょうね。きっと。happy01
本当にラッキーでした。

ままさん。これからもチビタン&ランタンをよろしくお願いします。(*^。^*)
本当にありがとうございました。

投稿: ikutan→ままさん | 2011年6月28日 (火) 19時23分

く太さん。いつもお世話になっています。happy01
く太のブログは本当に面白くって、いつも笑いながら楽しく拝見させていただいているんですよ。
私のブログも楽しい話題を書きたかったんですけど、今回だけは勘弁してくださいね。coldsweats01
今回の事は何も書かずに…という選択肢もあったんですけれど、同じ糖尿病と闘っている飼い主の方々もいるに違いないと思うと、もしかしたらこの拙稚な私のブログの失敗談を読んで、お役にたてる可能性があるかもしれない…ということで、思い切って書かせていただきました。

もし、チビタンに人格があって照れ屋さんだったら、「恥ずかしいから勘弁してくれよ…」と言われそうですが…coldsweats01(ごめんね、チビタン)

ということで、本当にままさんにもご心配をお掛けして申し訳なく思っています。
また、心配していただいたことに対し、心から厚くお礼を申し上げます。
(チビタンに成り代わりまして…深く…)

本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。(*^。^*)
もちろん、私もく太さんのブログ、楽しみにしていますので、これからも楽しませてくださいね。happy01

投稿: ikutan→く太さん | 2011年6月28日 (火) 19時35分

大変でしたねbearing

心中お察し致します。
血糖値を把握して行くのは人間でも大変ですよね。
でも、注射は続けて行かなくてはならないし、
チビタン注射を怖がるようにならなければ良いけどthink

生死の境を彷徨っている家族を見るのは辛いですよね。
私も以前ペットを亡くした時にホントに辛かったので
チビタンが復活してくれて心から嬉しく思いますhappy02

これからも元気でいて欲しいですねheart04

投稿: ほな | 2011年6月28日 (火) 19時57分

大変な事になっていたんですね。でもチビタンの心を神様が察してくれたのでしょうね。旦那様もすばらしい!自分も以前に人工呼吸の講習等を受けましたがもう、数年前の事。いざという時自信がないかも‥定期的に再講習が必要かと思いますね。それにしても、良かったですね。安心しました。毎朝、日テレのZIPに出てくるジッペイを見てチビタン、ランタンを思い浮かべてますよ。いつまでも大事な家族とお幸せに!

投稿: ぐろん | 2011年6月28日 (火) 22時56分

チビタンdog、がんばりましたねsign03それにikutansさんご家族やランタンdogの気持ちを思うと、心配で心配で苦しかったでしょうthink
笑顔で1日を過ごせる日が戻ってきて、私もひと安心ですhappy01
ikutanさん、看病の疲れが出ませんようにsign01
元気にお散歩しているチビタン&ランタンのブログ楽しみにしていますnote

投稿: 花みずきょん | 2011年6月28日 (火) 22時58分

ほなさん。おはようございます。いつもお世話になり、ありがとうございます。happy01
この度は、うちのチビタンのことでご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
ほなさんのつらい過去…愛犬を失った時のことを思い出させてしまったかもしれませんね。weep
ごめんなさいね…。
でも、こうして、ほなさんをはじめ、多くの方々にネットを通じて励ましていただいたり、我がことのように「良かったね」と言っていたけることは、本当にうれしいですし、幸せな気持ちになります。
本当にありがとうございます。happy01
注射を半年以上も打ち続けているさすがの主人も、あの時以来は注射を打つのが怖かったようですが、獣医師と相談して半分以下に量を減らして打っています。幸いチビタンは注射嫌いにもならず、平然と主人に打ってもらっているようです。happy01
これから先も色々なことがあるとは思いますが、天から二度目に授かった命だと思って、これからも家族で支えてまいりますので、ほなさんも引き続きチビタン&ランタンを応援していただければ幸いです。happy01
本当にありがとうございました。

投稿: ikutan→ほなさん | 2011年6月29日 (水) 05時31分

ぐろんさん。おはようございます。いつもコメントありがとうございます。happy01
今回は少しシリアスな話題でごめんなさいね。
最近しばらくの間、他の方のブログも観に行けなかったので申し訳なかったのですが、久しぶりにぐろんさんのブログを拝見したら、プロ級の釣り師だということが判明して、感銘いたしました。happy01すっかり腕をあげられましたね。
やっぱり救命救急講習は大切ですよね。主人は昔、餅をのどに詰まらせた自分の祖父の口に手を突っ込んで、取り出して助けた経験があったようで、そうした経験と講習の知識が今回は奏功したようです。ただ、ワンコの口は意外と横に広がっていて、人口呼吸はしづらかったようです…coldsweats01
心臓マッサージもあとになって考えると右胸を押していたようで…
でもまぁ、とっさの判断でやるわけですから、素人が完璧にこなすことは難しいですよね。
今後とも、あまり役に立たないことを祈りつつ…普段から救命救急の知識と技を磨いていくのは大切なことなんじゃないかと私も思います。happy01

ぐろんさん。本当にありがとうございました。今後とも、チビタン&ランタンをよろしくお願いします。(*^。^*)

投稿: ikutan→ぐろんさん | 2011年6月29日 (水) 05時45分

花みずきょんさん。いつもお世話になっています。この度はご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。また、チビタン&ランタンへの激励のお言葉、さらには私の体調の事まで心配していただき、本当にありがとうございました。happy01

思えば、私が「こういうことがありましたよ」とブログでつぶやいたことに対し、花みずきょんさんをはじめ、多くの方々に激励のお言葉をいただけるということは、本当に有難いことで、とかく無縁社会とか言われておりますが、改めてブログやネットの素晴らしさを痛感しております。happy01心からココログをやっていて良かったなーと…
当のチビタンは、皆さんから激励されていることはまったく知る由もありませんが、きっと皆さんのこうした念力が通じて、もっともっと長生きしてくれるものと確信しております。

花みずきょんさん。本当にありがとうございました。頂いた励ましのお言葉を胸に刻み、今後ともチビタン&ランタンと共に家族みんなで暮らしてまいりますので、どうか変わらぬご支援をよろしくお願いします。(*^。^*)ありがとうございました。

投稿: ikutan→花みずきょんさん | 2011年6月29日 (水) 05時59分

いつもポチッとありがとうございます。
コメントは初めてさせてもらいます。
チビタン大変だったんですねweep
びっくりしました。
突然のことに、冷静に対応出来て素晴らしいです。
元気に復活、よかったですsign01

投稿: すみこ | 2011年6月29日 (水) 07時55分

少しおじゃましてないところに

今、読み
びっくりしました。

心臓バクついたよ!

よかったぁ
ほんとうによかった
その言葉しか浮かびません(;_;)/~~~

ikutanさんの応急処置
すばらいしです。

また会いにきますね(●^o^●)


投稿: ここな | 2011年6月29日 (水) 10時44分

ブログにお邪魔して、いつも元気そうなチビタンが
突然大変な事になっていた事を知りびっくりしましたcoldsweats02
糖尿病だったことも初めて知りました(ゴメンナサイ!)
それにしても、復活出来て本当に本当に良かったですshine
ikutanさん達の懸命な看病と、ランタンの念力が
きっと神様に通じたんですねheart01
チビタンとランタンが、これからも末永く一緒に
居られる事をお祈りしていますwink

投稿: ゆゆ | 2011年6月29日 (水) 19時20分

わ~大変でしたね
チビタンが1番大変な目にあったのですが 注射を打ったご主人 心臓が飛び出すぐらいのショックなことだったと思います
ご主人の心のケアーもしっかりねhappy01

投稿: 美優のまま | 2011年6月29日 (水) 20時37分

チビタン大変でしたねー
気道を確保してそれからの対処の仕方がよかったんですね
ビックリされたでしょう
ほんとうに元気になってよかったです
毎日注射をしていたのですね
チビタンもご主人さまも大変ですね
お大事になさってください

みんなよく写真が撮れていて素敵です

投稿: pi | 2011年6月30日 (木) 00時31分

ikutanさん。こんばんは。
いつもポチありがとです。
  
はらはらしながらブログ読ませて頂きました。
いや・・ほんと良かったです。
ひさびさにうるうる来ましたweep

僕も犬が大好きで、職場の近くの犬に勝手に名前付けて
可愛がってます。(家がマンションなので飼えないんです)

また、|コッソリ|・ノω・)お邪魔します

投稿: tomozo | 2011年6月30日 (木) 00時46分

すみこさん。おはようございます。いつもお世話になっています。happy01
この度はご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。

ここなさんのフエルトのモデルとなっているリク君、いつも楽しく拝見させていただいています。
ちょっと、ここなさんの腕前が凄すぎて、どっちが本物のリク君かわからない時がありますが…happy01

今回は、冷静に対応したというほどカッコのいいものではありませんでした。coldsweats01
近所の人も「チビターン、チビターン!」という大声を聞いて、うるさいなーと思われたに違いありません。とにかく必死でした。

本当にラッキーで、チビタンを救えたことをうれしく思っています。
二度目に天から授かった命だと思って、これからも可愛がっていきますので、今後とも応援をよろしくお願いいたしします。(*^。^*)

すみこさん。本当にありがとうございました。

投稿: ikutan→すみこさん | 2011年6月30日 (木) 07時13分

ここなさん。おはようございます。いつもコメントありがとうございます。happy01

この度はびっくりさせて申し訳ありませんでした。

本当にラッキーでした。救える命ってあるんですね。

さすがの夫も一時は諦めかけたらしいんですが、「チビターン」と叫びながら、懸命に人口呼吸と心臓マッサージをやってくれました。その後、お腹辺りがピクンとして、反応がなかった目が少し動いて…「やったーチビタンは生きているゾ!」と…

その間、主人は大声を出しているし、ランタンは騒ぐし…で、近所の人たちも何事かと思ったのではないかと…happy01

とにかく、天から救っていただいた命ですので、これからもチビタンを大切に育てていきますので、
変わらぬご支援を…よろしくお願いします。(*^。^*)

ここなさん。ありがとうございました。happy01

投稿: ikutan→ここなさん | 2011年6月30日 (木) 07時23分

ゆゆさん。いつもお世話になっています。この度はご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。

本当にゆゆさんの温かいお言葉。心にしみます…

本当にありがとうございます。

まさに神様に救っていただいたような…、私たちの気持ちが天に通じたような…

そんな気がしています。happy01

これからも、ゆゆさん。私たち一家4人(匹?)を見守っていてくださいね。
もちろん、私たちもゆゆさん一家を心から応援しております。happy01
(*^。^*)

ゆゆさん。ありがとうございました。

投稿: ikutan→ゆゆさん | 2011年6月30日 (木) 07時30分

美優のままさん。お世話になっています。この度はご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。happy01
この度は、温かい激励のコメントありがとうございました。
主人はもう立ち直っているから大丈夫そうです。
やはり、インスリンの量が心配なので、今はそれまでの3分の1にまで減らして打っているようです。
あとは、チビタンの水を飲む量や体調を見ながら、また獣医師と相談しながら気長に糖尿病と付き合っていくつもりです。
さっきも主人が散歩に連れていきましたが、足取りはゆっくりながらも、楽しそうに歩いていました。
今後とも、家族みんなで支え合いながら頑張っていく所存ですので、今後ともよろしくお願いします。美優のままさんも暑い日が続いているようですので、お身体ご自愛くださいませ。
本当にありがとうございました。happy01

投稿: ikutan→美優のままさん | 2011年6月30日 (木) 19時05分

piさん。いつもお世話になっています。この度はコメントいただき、うれしいです。ありがとうございました。私もpiさんのブログをいつも楽しく拝見させていただいております。happy01

糖尿病と付き合っていく覚悟でしたが、改めて血糖値の管理の難しさを痛感しました。coldsweats01
なにより、ワンコは言葉を離せないので、その分いつもの体調を飼い主が見極めなくてはなりません。言葉でいうのは簡単なことですが、素人で何の検査器具も持っていない私たちには本当に難しいことです。coldsweats01

今回の出来事を教訓として、より以上にチビタンの様子を注意深く観察しながら、もっともっと可愛がってまいりたいと考えていますので、piさんもチビタン&ランタンを見守っていてくださると幸いです。happy01

本当にありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願いします。(*^。^*)

投稿: ikutan→piさん | 2011年6月30日 (木) 19時15分

tomozo さん。いつもお世話になっています。この度はご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。happy01
tomozoさんはきっと、本当に優しい方なんですね。happy01
親身になって心配してくれて、私もウルウル来るくらいうれしいですよ。ありがとう。happy01
tomozoさんが、近所のワンコにこっそりとオヤツをおげたり、話しかけながら撫でている姿が目に浮かぶようです。wink
「ワンコ好きに悪い人はいない」と昔から良く言われていますが、言葉を離せない弱い立場の動物をいたわるという気持ちは、きっと色々な面で生かされていくのだろうと思います。
そう言った意味でも、tomozoさんは素晴らしい方なんです。happy02
今後とも、チビタン&ランタンを見守っていてくださいね。本当に優しい心遣い、ありがとうございました。happy01

投稿: ikutan→tomozo さん | 2011年6月30日 (木) 19時23分

大変な思いでしたね・・・
きっとご主人と奥さまの強いお気持ちが通じたんですね。。
応急処置もさすがです。。私だったらオロオロしてしまうかも・・・
本当に、本当にヨカッタです^^

どうぞお大事にされて下さいね。。

我が家のわんこも前立腺肥大を今現在抱えており
昨日の診察で少し小さくなっていたので
これからのことも考えて明日去勢の手術なんです・・・
私の方が緊張気味です。。。

投稿: 華音 | 2011年6月30日 (木) 20時15分

こんにちは。
ブログに遊びにきていただき、ありがとうございます~。
私も遊びにきちゃいました。

チビタン、大変だったんですね。
でも、元気を取り戻してなによりです。

また遊びに来ます☆
今後ともどうぞよろしくおねがいします☆

投稿: めろぱん | 2011年6月30日 (木) 23時10分

華音さん。いつもお世話になっています。この度はご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
明日、前立腺肥大の除去手術ということで…それは大変ですね。心配というか、緊張されるのも良く分かります。どうか無事、手術が成功することをお祈り申し上げます。
そんな大変な状況にもかかわらず、うちのチビタンに対して温かいコメントをいただいたこと、本当に感謝いたしております。ありがとう。華音さん。happy01

やっぱり予期せぬ事態が起きたので、私もオロオロしてしまいました。ただ、チビタンが呼吸できないような状態で苦しんでいるのを見ると、ただただ何とかしなくては…という使命感だけで勝手に体が動くような感じです。coldsweats01

うちの主人が救命救急の知識が多少なりともあったのは本当にラッキーでした。特に気道確保は大切なので、それをまず最初にやったことが良かったのでは…と思っています。主人はその際にチビタンの牙で手を切り、血だらけになってしまいましたが、「名誉の負傷だー」と言って笑っています。

やっぱり12年以上も苦楽を共にしてきているので、ワンコも本当の家族なんですね。下手すると血は繋がっていいるわけないけど、精神的な肉親なのかも…って。happy01

どうか、華音さん家のワンコちゃんの手術が無事に成功しますように‥
ここ北海道の地から、念力を送り続けていますね。happy01

本当にありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願いします。(*^。^*)

投稿: ikutan→華音さん | 2011年7月 1日 (金) 05時56分

めろんぱんさん。おはようございます。いつもお世話になっています。
同じ北海道ということと、私は本当は小さなワンコ好きなので、めろんぱんさんのブログを楽しみにさせていただいております。ヨークシャーテリア、可愛い中にも気品があって大好きです。happy01

この度はうちのチビタンのことで、ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
さらに、温かいコメントもいただき、深く感謝しております。
お陰様で、最近は暑くなってきたものの、二匹とも元気で過ごしております。happy01

今後とも、めろんぱんさんのブログを楽しみにしていますので、色々とよろしくお願いします。(*^。^*)
本当にありがとうございました。お元気で。happy01

投稿: ikutan→めろんぱんさん | 2011年7月 1日 (金) 06時11分

チビタン・・・本当に良かった~crying
一緒にいるランタンも、チビタンの異変に
ビックリしたでしょうねweep
愛情を感じますねconfidentheart04

チビタンの血糖値が高くなかった・・との事だったので、
もしかして、病気も良くなってるのでは?なんて思って
しまいましたが、そんな簡単なものでは無いのですね (ノ△・。)

でも、ikutanさん達の家族の愛情が、きっとこれからも
チビタン&ランタンを見守っていけるのですねhappy01

ご主人も本当素敵でしたよ~shine
沢山の人が応援してるので、これからも頑張って下さいね (*^▽^*)

投稿: POYO | 2011年7月 1日 (金) 10時45分

POYOさん。優しいコメントありがとね。happy01とってもうれしいです。
主人まで褒めていただいてありがとうございます。(*^。^*)
ただの道楽夫だけじゃないというところを発揮できて、本人も喜んでいると思います。happy01

どっちかというと私がランタン担当に任命されていて、主人は完璧なチビタン溺愛派なので、ショックも計り知れないものだったろうし、それこそ必死になって救命救急措置を取ったのだと思います。本当は凝り性だけど飽きっぽい性格のはずなのに、チビタンだけは例外なんですよねぇ~。12年半ずぅ~っと溺愛中です。heart04でも…良いことですね。happy01

これからも、出来るだけ長く、一日でも多くの日をチビタン&ランタンを含めた一家4人・匹で幸せに暮らしていけるよう力を合わせて頑張ってまいりますので、今後とも応援よろしくお願いします。(*^。^*)

何かと忙しいのに、POYOさん。本当にありがとうございました。happy01


投稿: ikutan→POYOさん | 2011年7月 1日 (金) 20時02分

大事な命の復活は感動的でした。

生命力の強さと、支えてもらってるからこその強さを感じます。

周りの愛で救われたんだと思いました。

これからも注意しながらの生活でしょうが、頑張ってくださいね。

投稿: 花はな | 2011年7月 2日 (土) 11時18分

チビタン、よかったですね~!!

凄く頑張ったんですね~!!


きっと、Ikutanさんのそばにまだまだいたいんだね^^

うちの実家でかってるヨーキーももう14歳なので、心臓が悪くて薬飲んだりよたよたですが、
注射をうっていくのもきっとたいへんでしょうが、頑張ってくださいー^^
またあそびにきます~^-^*

投稿: らてまま | 2011年7月 2日 (土) 17時13分

ありがとうございます。花はなさん。
いつもお世話になっています。ご訪問いただき、コメントまで頂戴しうれしいです。

今にして思うと、本当に命が繋がって良かったなーとシミジミ思います。
チビタンが、今日も朝早くから、「早く餌をくれー」というアピールをしてくるのも、「元気で生きているぞー」と叫んでいるような気すらして…
むしろ、飼い主としては至上の喜びです。
昔だったら、「朝早くからうるさいなー、近所迷惑でしょー」と叱っていたかもしれませんが、あの出来事を境に全く意識が変わってしまいました。ただただ元気で長生きしてくれさえすれば…これが本当の思いです。

幸いにも天から、チビタンの命を二度も授かったと思って、今後とも目いっぱい可愛がってまいりますので、今後ともチビタン&ランタンへのご支援をよろしくお願いします。(*^。^*)
本当にありがとうございました。

投稿: ikutan | 2011年7月 2日 (土) 17時31分

らてままさん。ご訪問いただき、ありがとうございます。
さらには温かいコメントまでいただいて…本当に有難い気持ちでいっぱいです。
当初は、今回のチビタンの危なかった出来事をブログに書くつもりはなかったんです。旭山動物園のことを書いた時も、既にあの出来事のすぐ後でしたから…
でも、よく考えてみると、ワンコはいつまでも仔犬であるはずもなく、人間よりも圧倒的なスピードで年齢を重ね、十数年もすれば、犬の介護という問題に突き当たってしまうことは仕方のないことです。
各地の保健所には、多くの無責任な飼い主が処分を依頼してくるケースが後を絶たないようですが、「仔犬の頃は可愛いと思っていたが、大きくなって可愛くなくなったから…」とか、「歳をとって面倒を見きれなくなったから…」といった理由で、保健所にワンコやニャンコを持ち込む人に対して、どうしても私には納得がいきません。

そういう無責任な人の心を改心させることは私の力では無理ですが、少なくとも動物を飼うと、将来こういう介護の問題があるし、小さいうちの姿かたちが可愛いという理由だけで安易に動物を飼おうとしている人たちに警鐘を鳴らせるかもしれない…そういう思いもあって、思い切って本当のことを書くことにとしたわけです。

すみません。長々と…。
らてままさんのような、優しい飼い主の方がたくさんいらっしゃることが分かって、私は今、本当に書いて良かったと思っています。らてままさんをはじめ、ココログ仲間やツイッターの方々からも多くのメッセージや激励のお言葉をいただき、本当に感謝しています。

らてままさん、ありがとうございました。私も寄らせていただきますね。happy01

投稿: ikutan | 2011年7月 2日 (土) 17時50分

チビタンよくがんばってくれましたねっ!!
よかったーーっっ ランタンの思いが届いたのかなっ
でも 冷静に適切な処置。。すごいですっ!!
シニア世代に入った まろんのためにも
私も勉強しなくちゃって思いました。。
糖尿病。。ずっと付き合っていかなくちゃいけない
病気ですもんね。。
チビタン ランタン 応援してるよっrock

投稿: maron-go | 2011年7月 3日 (日) 12時39分

maron-goさん。いつもお世話になっています。さらには温かいお気遣いのコメントまで頂戴し、本当にありがとうございました。happy01
今日もさっき病院に行って検査してきたんですが、薬を三分の一にしているため、血糖値は高めでしたが、他の数値は正常だったため、一安心しました。特にカリウムの数値が上がってしまうと、インスリン投与治療が難しくなるというので、それもなくて良かったと思っています。
糖尿病の治療をしている方は人間を含めて、世の中に数多くいらっしゃると思うので、是非自宅でも簡単に血糖値を図れる安価な機器を販売してもらいたいと、今回のことを通じて本当に思いました。血圧だって昔は病院に行って測ってもらっていましたが、今は簡単に家で測れますもね。体脂肪率なんかもそうですね。そんな感じで、家庭用簡易血糖値検査器のを発明を期待している私です。また、誰にでも注射が打てるわけではないので、飲み薬型のインスリンも欲しいところですhappy01

なんて、今回の出来事を通じて、私自身色々と考えさせられるきっかけとなりました。confident
maron-goさんも、今まで、きっと数多くのご苦労をされ、乗り越えられてきたと思いますので、今後ともそうした貴重な体験を教えていただいたり、色々な情報交換できればうれしいです。今後ともよろしくお願いします。(*^。^*)
maron-goさん。ありがとうございました。happy01

投稿: ikutan→maron-goさん | 2011年7月 3日 (日) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573875/52063843

この記事へのトラックバック一覧です: チビタンが復活しました!思わずランタンも遠吠えを…:

« 旭山動物園はスゴイ!ついでに私の野望も… | トップページ | ランタンの果てしないジェラシー »