« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

2週間前のリベンジ!~サモエド2匹とラベンダー畑

またまた、美瑛と富良野とラベンダー畑に行ってきました。

2週間前に行った時は、見頃というには少し早すぎて、花畑もまだスカスカという状態でしたので、今度こそは…という気持ちで臨んできましたよー。

ただ、この日は最高気温が30度。

暑さが天敵みたいなサモエドのチビタン&ランタンにとって、花は綺麗かもしれないけれど、地獄のような環境であることが予想されました。

そこで、まずは暑さ対策です。

Dsc01409⇔グレート・ピレニーズではありません。サモエドのチビタンです。

まず、チビタン&ランタンにかける水があって、人があまりいない所っていうことで、美瑛の街から東に4キロほどの所にある地元の穴場スポット、「新区画ダム公園」に行きました。

そこは、いつも人がいないので、良く行く公園なのですが、チビタン&ランタンの全身に水をかけて、まずは涼んでもらいました。

Dsc01404⇔公園の脇を走っている農道。良い天気、良い景色です。

ここで、写真を撮っていると…偶然チョウチョみたいなものが…。狙って撮ったわけではありません。たまたま写っただけなのです。

Dsc01402⇔真ん中に浮かんでいるのはチョウチョ?

さぁー、いよいよラベンダー畑に向かって、レッツゴーですー。

と思ったら、10分もしないうちに、もう着きました。美瑛のぜるぶの丘です。

さすがに、観光シーズンだけあって、駐車場も車がびっしりでしたねー。

お花も、二週間前と比べたら、明らかに色鮮やかな印象です。

Dsc01393_4Dsc01392_4Dsc01384_5Dsc01386

お花は綺麗なんですが、なんせ外は30度…

車の中に残してきたチビタン&ランタンが気になって仕方ありません。

すぐさま花畑から戻ってきて、外の木陰でお水タイムです。

Dsc01363_2⇔まずは、何はともあれ、水、水…

Dsc01349⇔これは笑っているのではなく、たぶん苦しんでいる顔です。あぁーサモエドスマイルの悲しさよ。

Dsc01347_2⇔チビタンもラベンダーの香りに誘われ…

さぁ、次は上富良野のかんのファームです。

Dsc01440_3⇔見事に、一面ムラサキ色に染まりましたねー

Dsc01433_2Dsc01419

Dsc01433

さぁさぁー、チビタン&ランタンが可愛そうだから、先を急ぎましょう。

次は、中富良野の富田ファームです。ここは超有名な所なのですが、観光客の方々で一杯過ぎて、なんとどこにも車を停められません。そこで、急きょ予定を変更して、富田イーストに向かいました。

チビタン&ランタンが危ない!さぁー急げぇー

Dsc01460_2Dsc01458

だんだん空の雲も怪しくなっさてきました。

湿度もぐんぐん上昇中です。あっ危ない…

Dsc01480_2


最後におまけに、もう一か所だけ…。許せチビタン&ランタン。

ここで、仕上げにラベンターと牛乳のミックスソフトを食べて、今日のところはラベンダー畑、視察第二弾の完了です。

あー、疲れたー。車のエアコをンガンガン入れたけど、太陽の日差しが強すぎて、なかなか冷え切らず、チビタン&ランタンも疲れただろうなー。

そこで、帰り道、美瑛川の河川敷に行って、みんなでクールダウンしてから帰りました。

お疲れ様ー。

Dsc01499⇔ランタン、お疲れ様ー。
Dsc01501⇔チビタンも、無事で良かったねー。

こんな慌ただしいラベンダー畑めぐりで、二週間前のリベンジを果たせたかどうかは微妙なところですねー。

また、懲りずにレポートしますので、その時はよろしくお願いしますねー。今度はもっと早起きして頑張りたいと思います。

では、では皆さん……チャンチャン

                      ー  お し ま い ー

今回も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。happy01

blogram投票ボタン


いつもありがとうございます!

| | コメント (60) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

北海道の真ん中で「ウォーン」と叫ぶ

うちのチビタン&ランタンは、これといって特技もない普通のワンコですが…

テレビなんかで良く訓練されたスーパードッグたちを見ていると、ワンコが潜在的に持っている能力って凄いなーと思うことがありますねー。dog

特に人間の100万倍以上、犬種によっては1億倍の能力を持つと言われている嗅覚をはじめ、優れた聴力や高い運動能力は驚くばかりです。coldsweats02

先日の大震災後でも、その能力を活かして各国の多くの救助犬が活躍していたのは記憶に新しいところですね。shine

Dsc00660 ←暇さえあれば家の出窓から外を眺めているランタン。…いったい何を思い、何を見ているんでしょうかねー。coldsweats01

では、ワンコの視力は人間と比べてどうなんでしょうか。eye

一説によると、ワンコは総じてド近眼で、0.3位の視力しかないとか、30㎝以内も良く見えていないとか、しかも色盲で色をほとんど認識できないという説があったり…。think

でもその一方で、ある狩猟犬は、数百メートル先の動いている獲物を認識することができて、視力6.0相当はあるというワンコも存在していたり、夜の暗闇の中で人間が見えない物でも見えたりとか…shock

Dsc00615←チビタンとランタンのいつもの河川敷散歩コースです。note

うちの主人は、飲み会の後の深夜でも、帰ってきたら散歩に連れて行く人なんですが…

人の気配が全くない道を歩いていると…

チビタンとランタンが誰も居るはずのない暗闇の方に向かって…shock

「うぅ~~~!うぉん!」

と、揃って吠える時が稀にあるらしく、それが色んな意味で「一番怖い」と言っておりました。

そりゃー怖いですわねー。coldsweats02

人間には見えない何かに対して唸ったり、吠えられたりすると…

たぶん、その正体は、キタキツネとかニャンコなどの動物なんでしょうけど、私には絶対に無理ですー。dangerng

Dsc01024←何かちょっとした物音に反応するランタンdanger


昼間でも、チビタンとランタンの警戒モードは続きます。

外で何か少しでも物音がすると…

すかさず、外が見渡せるベランダにダッシュして…dash

Dsc00634←キョロキョロ①danger

Dsc00625_4←キョロキョロ②danger

何事もないと分かるまで、粘り強くベランダで「見張り」を続けます。

言ってみれば、ワンコ版天然のセコムかアルソックのセキュリティみたいなものですねー。

ところで、最近は夜になると、特にこの季節は、北海道の短い夏を祝うかのように、あちこちで花火が打ち上げられますが…bomb

Dsc01217_2Dsc01220

↑家から遠く離れたところで打ち上げられている花火。

花火が嫌いなチビタン・ランタンは、少々怯えつつ…shock

Dsc00557_2←花火が大嫌いなランタン。怯えておりますー

花火はさらに続き…

チビタン&ランタンの警戒モードは頂点に達しますー。ban

そして、ついに…

Dsc01223←きましたねー。ドカーン!っと。bomb

その瞬間…!

たまらず、チビタンが…sign03

Dsc01022Dsc01018_2


チビタン『う・うぅ~~!うぉん!』 ⇔ 【あ・危ないぞ~!逃げろぉ~!】dog

↑(チビタン語を翻訳してみました。coldsweats01

そして、ランタンも…sign03

Dsc00991←危機を知らせようと遠吠えするランタン

ランタン『うぉ~ん!うぉぉ~~~ん!」 ⇔ 【そうよ~!皆で一緒に逃げましょ~~!】dog

↑(ランタン語も翻訳してみました。)

以上、(旭川や美瑛・富良野は北海道のど真ん中あたりにありますので…)

北海道の真ん中で「うぉ~ん!」と叫んだ2匹でありました…。

失礼いたしました…。(汗)coldsweats01

                  ☆        ☆        ☆

人間とワンコの歴史を考えてみますと、はるか遠い昔、一説によるとクロマニヨン人の時代から、お互いに寄り添って原野や洞窟で一緒に暮らしていたわけですから、ワンコにとってみると、餌をくれる人間を仲間と認識して、皆に差し迫った危険を知らせてくれているに違いありません。catface

人間より遥かに優れた嗅覚、聴力、暗闇での動体視力などを駆使して、4万年もの長い間、ワンコたちは人間を助けてきてくれたんですねー。confident

チビタン&ランタンの叫び声も、私たちに危険を知らせてくれていいるんだと思うと、何だか有難い気持ちで…感謝しなければならないのかもしれません。happy02

たまに「うるさい!」とか言って叱ってしまって、申し訳ありませんでした…cryingcryingcrying

チビタン&ランタン、いつもありがっと…heart04

Dsc01247

↑ ①チビタン【いや~、さっきの花火は危なかったねぇ~。ランタンcoldsweats02dog

Dsc01231

↑ ②ランタン【ほんと~。何とかみんな無事で良かったわよねぇ~happy01dog

   ③チビタン&ランタン【あ~、良かった、良かった…happy02dog

なんてねっ。bleah

                      ー  お し ま い ー

今回も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。happy01

blogram投票ボタン


いつもありがとうございます!

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

む・ご・んのつぶやき…ランタンの目ヂカラ!

残念ながら、ワンコdogは人間の言葉を話せません。

確か、以前にワンコdogの気持ちを言葉で表示するグッズも売っていたようですが…。

そのグッズは使ったことがないので、どのくらい正確に当たっているのか分かりませんが、本当にワンコdogと会話が出来たら、かなり楽しいでしょうねー。happy01

しかし、よく観察してみると、言葉は話せない代りに、ワンコは色々な手を使って感情を表現しているようです。think

Dsc00994 Dsc01026_2

ランタンのつぶやきの武器は…「目」です。eye

通常、ワンコは、あまり人と目を合わせないはずなんですが、ランタンの場合は昔から、妙に人の目をじぃーっと「ガン見eye」して、色々と観察しているようです。coldsweats01

そして、あまり鳴き声には出さず、その「目」を使って色々なことをしゃべり出すわけです。

「目は口ほどにものをいう」…ってやつですかね。dog

① まず、サモエドの基本形の…「笑顔」。happy01

いつも笑っているように見えるので、別名「サモエドスマイル」とも呼ばれています。この笑顔から、かなり満足している様子がうかがえますねー。また来週、大好きな美瑛に行こうかなんて言ったら、たぶんこの笑顔でしょうねぇ。happy01

Dsc01188 Dsc01185_2

② 次は…「不安」。bearing

「これはちょっと困っわよー!」という気持ちが、ひしひしと伝わってきますねー。こんな時は、とどんどん落ち込んでいきますので、ナデナデして励ましてあげたいものですね。happy02

Dsc01115 Dsc01081

③ 続いて…「驚き」。shock

とっさに身構えて、すぐに逃げられる体勢を取っているようですねぇー。白目が少し出ているのが、驚きの気持ちを良く表わしているようです。こういう時は「大丈夫、大丈夫!」と言って少しでも安心させてやりたいですね。happy01

Dsc01121 Dsc01089

④ 希望に満ちた…「期待」。lovely

「これから美瑛にでも散歩に行けるの?」とか、「何かオヤツでもくれるのかな?」とか、何か良い予感が働いているようですね。これと同時に、散歩の場合は騒ぎはじめ、オヤツの場合はヨダレがジトォ~っと出てきています。coldsweats01

Dsc01202Dsc01091

⑤ 最後に、わたし…「幸せ」。heart04

このような、ほのぼのとした表情やしぐさを見ると、飼い主としても幸せな気分になりますね。チビタンを見つめる視線は愛に満ち満ちていますものねー。crying 思わずナデナデして、抱きしめたくなります。happy02

Dsc01200 Dsc01194

⑥ おまけに…「わたし、暑いっ…」spa

Dsc01051 ←舌が長いですぅー。bleahそうとう暑いんですね。

ちなみに、こうしたランタンのアピールを無視し続けたりしますと…

Dsc01096 ←やっぱり、こうなりますかー。coldsweats01…最後の手段の「捨て身の戦法」ってやつですね。bomb

                      ☆      ☆     ☆

以上、今回はランタンに模範演技をしてもらったわけですが…coldsweats01

きっとワンコたちも、言葉を話すことが出来ない代わりに、目や口、尻尾など全身を使って、必死に人間に向かって、何かを訴え掛けているに違いありません…。crying

そう考えると、たまにはワンコdogの気持ちになって、「何を考えているんだろう?」と想像してみたり、ワンコ語dogで「つぶやき」合ってみたりしても楽しいでしょうし、もしかして人間側も、もっともっと優しく接することが出来るかもしれませんね。happy01heart04

                        ー お し ま い ー

今回も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。happy01

blogram投票ボタン


いつもありがとうございます!

| | コメント (40) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

ちと早すぎた…美瑛・富良野ラベンダー畑

ランタンは最近、欲求不満です…。coldsweats01

チビタンの体調のこともあって、ここ2週間ほど、家の周りの近場にしか散歩に行っていないからです。

そこで、今日は、チビタンのリハビリも兼ねて、美瑛と上富良野のラベンダー畑に偵察というか、下見に行くことにしました。happy01

sign04sign04、ランタンも一緒に行きたいかなー?bleah

Dsc01133 ←ちょっと外が蒸し暑いのが気になりますが…coldsweats01

まだ本格的なラベンダーのシーズンではありませんが、どれくらい花が咲いているか、事前にチェックをしてこようというわけです。

今日は、朝からかなり蒸し暑かったため、チビタン&ランタンが熱中症になるリスクを避けて、夕方まで待ってからの出発です。それでも28度近くもありましたが…spa

まずは、美瑛のぜるぶの丘に向かうことにしました。

Dsc01152_2 ←えっ、もう着いたの?チビタンも起きてね!(ランタンの後ろで寝そべっているチビタンの耳が少しだけ見えます…)dog

【マメ知識コーナー】

美瑛のぜるぶの丘は、旭川空港から南に10キロほど、美瑛の街の2キロ手前の右手の丘の上にあります。空港から車で10分も走ればすぐ着きます。

飛行機で来られる方は、空港の目の前に幾つかあるレンタカー屋さんで車を借りて、景色の良いこの道(国道237号線)を是非走ってみてくださいね。観光バスで連れて行ってもらうと楽かもしれませんが、自力で運転して目的地に辿り着くと、満足感もあって気分も盛り上がります。何により、この辺は簡単な一直線の道ですので、初めての方でも、まず迷う心配がありませんので…。rvcar

Dsc01140 ←空港正面前の、長閑な田園風景。スウェーデン風の家屋が妙にマッチしていますね。この右隣に大手のレンタカー屋さんがあります。

さて、さて…ぜるぶの丘。早咲きのラベンダーはもう咲いているかな?happy02

ん…!?なぬ!shockスカスカじゃ…

Dsc01145

↑いくら何でも、ちょっと早すぎたかな?紫色の濃さが少し足りない感じてすねー。cryingcryingcrying

Dsc01143  ←角度によっては、まぁまぁの所もあるけど…

ここは、まだ1~2週間は早すぎた感じですけれど、人が余りいなかったので、落ち着いて観ることができましたし、遠くに見える風景も良い感じで、「ホッカイドウ」らしい雰囲気が出ていると思いますよ。happy01

Dsc01146 Dsc01142

続いて、お隣の上富良野へ…car

美瑛から南へ10キロ、車で10分ほどの所にある「かんのファーム」です。shine

ぜるぶの丘と同じく、国道237号線沿い左手にあります。晴れていたら残雪を冠した大雪山をバックにして、花畑がより一層映えるかもしれませんね。happy02

ただし…これは…shockshockshock

Dsc01162 ←ほとんど、紫色は見当たらず…crying

ここは、もっと早すぎたみたいです。bomb

やっぱり見頃は7月下旬以降ですかね。coldsweats01

まぁ、そのおかげで誰も観光客の方がいなかったので、花畑の回りをチビタン&ランタンと散歩することが出来ましたが…。scissors

Dsc011592 Dsc01160

この時夕方6時ですが、何と27度もあったので、チビタン&ランタンは相当に暑そうでした。

水筒の水をやると、美味しそうにペロペロ、ピチャピチャと飲んでいました。aquarius

さぁ、ここは暑いから、もうお家に帰ろうか…

お花畑で散歩も済んだしね…、happy01

また、2週間後に来てみましょうかね。note

でぇsign04sign04sign04 チビタンとランタンも一緒に行く?

Dsc01091

Dsc01085

Dsc01014

ホントに君たちはドライブが好きな子たちだねぇー。happy02

まぁ、私もお花畑は好きだから、一石二鳥だけどね。bleah

その時まで、楽しみに待っていてねーheart04

                         ーおしまいー

blogram投票ボタン


いつもありがとうございます!

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

ランタンの果てしないジェラシー

まずもって、前回のブログで、チビタンを襲った衝撃的な出来事をご報告させていただいたところ、信じられないほど多くの方々から励ましのお言葉をいただきましたことに対し、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

実に有難いことで、深く、深く感謝いたしております。皆さん、本当にありがとうございました。

当のチビタンは、先日の復活以降、徐々に少しずつ元気を取戻しつつありますが、問題の糖尿病が治ったわけではありませんので、油断なりません。

そうしたことから、私たちも最近は特に、どうしてもチビタンの方に多く気を遣ってしまいます。(今日もこれからいつもの病院に検査に行ってまいりますが。)

今回、そのことに関連して、最近のランタンの問題行動が…bomb

そう、エスカレートし続ける「ジェラシー」のお話です。coldsweats01

Dsc00007_2 ←皆さん、僕のことで、ご心配掛けてゴメンねー。どうもありがとう。shine

ランタンは、もともと、かなりのヤキモチ焼きの性格です。

小さい頃から独占欲が強い傾向がありましたが、あわよくば主人や私からの愛情をも一人占めしたいと考えているようで…

特に先日、チビタンが体調を崩してからは、その傾向がますます強まってきている…ようなのです。coldsweats02

チビタンの体調を気遣って、特に主人がチビタンの面倒を集中的にみていたり、撫でていたりしますと…

Dsc00647 Dsc00754

↑その様子を「じぃ~っ」と嫉妬の目で見つめるランタン

↓すかさず、「私も撫でてぇ~」と、ランタンは猛アピールを始めます。これは、もしかして、完全に「ジェラシー」ってやつですかね。coldsweats01

Dsc00813 Dsc00815

それで、可愛そうになって、ランタンのことも「ナデナデ」heart04してあげますと…

もっと、もっと撫でて…と、際限なく要求が続き…

しまいには、さらにエスカレートして…

主人に、腕枕なんぞを要求する始末です…coldsweats01

Dsc00955_2 Dsc00949_3

↑主人に腕枕をしてもらって幸せそうな表情のランタンhappy02

Dsc00746 ←存分に撫でてもらって、満足、満足の表情のランタンgood

これまでも、2匹ともに、愛情は平等に注いできたはずなんですが…

とにかく寂しがり屋で、甘えん坊なランタンなのです。heart04

また、生まれつき性格も超・超社交的でして、誰にでも良く懐きます。

初対面の人でもまったく関係なく、撫でてもらいに近づいて行くような警戒心ゼロのワンコです。

ですから、番犬としての能力はほとんど期待できそうもありません…。coldsweats01

とにかく、人間が大好きheart02なようです。

もしかしたら、自分のことを人間だと思っていたりして…coldsweats02

一方のチビタンは、正反対の性格です。

もともと遠慮がちなワンコですので、ヤキモチを焼くことは、まずほとんどありません。

性格的もかなりの慎重派でして、家族以外の人にはほとんど懐きませんので、番犬としての能力はかなり高いと言えます。wink

そのかわり、オヤツをねだるがチビタンの唯一の仕事みたいなものでありまして…

逆にランタンは、そのおこぼれを狙って、ただジイーッと待っている要領の良い子です。bleah

Dsc00957 Dsc00958

↑チビタンがオヤツをねだっている様子を窺って、密かにおこぼれを狙っているランタンbleah

このように、うちの2匹は、性格はまったく正反対ですが、良く言えば互いに役割分担しながら、一致協力して生きていると言えます。flair

一緒に居てこそ、力を発揮するタイプの2匹なんですね。きっと。happy01

ですから、この2匹の名コンビには、いつまでも、少しでも長く一緒にいてほしいですね。

Dsc00989 ←早くでどっかに行こうよ、と誘い続ける名コンビsign02

そんな対照的な性格のチビタン&ランタンですが、唯一、2匹の呼吸がぴったり合うのが…

散歩や車でお出掛けする時のアピール合戦でしょうか。coldsweats01

それはそれは、毎回大騒ぎしながら、両方が一致団結して、激しくアピールを繰り返し続けます。bomb

本当にチビタン&ランタンは散歩が大好きなんですね。

これでは雨の日も風の日も、たとえ真冬の吹雪の中でも、主人は散歩に行かざるを得ませんわね。happy02

はい、はーい。分かったよ。heart02もうすぐ行くからねー。happy01

 

                        ーおしまいー

blogram投票ボタン


いつもありがとうございます!

| | コメント (42) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »