« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月11日 (日)

チビタンの四十九日に…。

早いものですね…。

あの日、突然チビタンが旅立ってしまってから、今日で49日を迎えました…。

くしくも、今日は東日本大震災からちょうど1年の日でもあります。

震災で犠牲になられた方々に対し哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げたいと思います。

そして、49日前のチビタンの訃報に対しまして、日頃から仲良くしていだいているココログ仲間の皆さんをはじめ、置き手紙やあし跡の皆さん、プログラムの皆さん、またツイッターやフェイスブックでお世話になっている方々などから、数多くの心温まる励ましのお言葉をいただきました。

感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

Dsc02570←ランタン。淋しくなったね。もしかしてチビタンの姿を探していたのかな。

Dsc02620←チビタンの葬式の日に…


Dsc02568←ランタンも泣いていたのかな。

最愛のチビタンを失い落ち込んだ気持ちが、皆様のお言葉にどれほど救われ、励まされたことか…。何度も何度も読み返し、感謝の気持ちで胸が熱くなりました。

本来ならば、コメントやメッセージをくださった皆様のブログなどに直接お伺いして丁重にお礼を申し上げなければならないところでありますが、どうか御無礼・非礼をお許しください。

この場をお借りして、改めて心から厚くお礼を申し上げたいと思います。

「本当にありがとうございました。」

Dsc02629_2←チビタンは今ここに…。

チビタンは大好きだった主人の実家の敷地内の一角に眠っています。

母なる大地に還(かえ)ったんですね。去年のお盆頃にも紹介したことがある、歴代の7匹のワンコたちが眠っているあの場所です。

虹の向こう側では、私の亡き実父や秋田犬のライ姉さんにも無事に逢えたかな。きっと元気に走り回っているのでしょうね。

思い起こせば、多くの皆さんから頂戴したお言葉にもあったように、本当に幸せなワンコだったのだと思います。

ちょうど恒例の「恋の季節」の真っ只中で、亡くなる2日前まで元気に散歩をして、ランタンを追い掛け回していました。

そして、突然のことではありましたが、最期の瞬間も苦しむことなく、安らかな表情で旅立っていくことができました。

亡くなるまでの13年と3か月の間、常に主人と私の溺愛を受け続け、そして結局は子宝には恵まれませんでしたが、最期までランタンへの「純愛」を貫いたチビタンの一生は、本人にとってもきっと満足いくものだったに違いありません…。

Dsc02583←チビタン。いつまでもランタンと私たちを見守っていてちょうだいねー。

                    ☆       ☆       ☆

ーあれから49日ー

皆さん、どうかご安心ください。

ランタンは元気です! もちろん、私たち夫婦も大丈夫です!

Dsc02764←(未来に向かって?)美瑛までの雪原の中を疾走するランタン(車で…coldsweats01

Dsc02765_2←試しにズームすると、鼻水がしたたっていますが…coldsweats01 それでも決して車の窓から顔は引っ込めません。

Dsc02710←「私、未亡人になっても頑張るもん!」

皆さん、チビタン&ランタンへの温かいご声援・応援、本当にありがとうございました。

長かった北海道の冬も終わりに近づき、ようやく少しずつ春の兆しが感じられるようになってきました。

うちのランタンも、このように「頑張る!」と申しておりますので、どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。happy01

「本当にありがとうございました。」

                          ーおしまいー

今回も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。happy01

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます!

| | コメント (28) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »